東京都味噌工業協同組合
株式会社 本田味噌本店

代表取締役社長 本田茂俊

西京白味噌
西京白味噌 500g

本田味噌各種
本田味噌各種
 

京都と「西京白みそ」
京都は、千年余にわたって日本の都であり、わが国の政治・経済・文化の骨組みは平安京において築かれました。「雅」を基調とした京都の文化的雰囲気はあらゆる方面に現われ、食文化にも特色ある発展をとげました。
良質の水にも恵まれ、豆腐、麸、そして味噌は、京都産のものがとりわけ美味であるとされてきました。なかでも白味噌は、京都を代表する調味料として広く知られ、「白味噌」といえば「西京白味噌」といわれるにまで、全国的にも名声を博しております。

本田味噌本店と公家文化
本田味噌本店の創業は江戸時代天保元年、今より凡そ一七五年前にさかのぼります。もと丹波杜氏の当家初代・丹波屋茂助が、腕に覚えの麹づくりの技を見込まれ、宮中のお料理用に味噌を献上したのがはじまりです。本店は、京都御苑の西、すなわち京都市上京区室町一条小島町にあり、創業以来味噌造りに専念してまいりました。「禁裏御用」となり、御所の御用達をつとめ、もっぱら宮中にお納めをしておりました。
弊社の周辺は、江戸時代には御所とそれを取り囲むように公家屋敷があり、公家文化の雰囲気のなかで、独自の食文化をはぐくみました。とりわけ「白味噌」は、正月をはじめとして様々の儀式に用いられました。まさに、弊社の「西京白味噌」は、「雅」を基調とする雰囲気のなかで、醸成されたものなのです。

「西京白味噌」の由来
明治維新のおり、明治天皇が東京に行幸され、それにならって皇族・公家の方々をはじめとして多くの人々が東京に居をうつされました。東京風の味付けは、「うす味」になれ親しんだ京都出身の人々には、なじめなかったことは想像にかたくありません。特に、京都人の味覚を代表する「白味噌」は、なつかしく慕われました。
禁裏御所御用達としてもっぱら宮中にお納めをしておりました弊社も、明治維新の頃より一般にも商いを広げて参りました。やがて京都のことをなつかしんだ人々の間で、弊社の白味噌が「西京白味噌」と呼ばれるようになったのです。「西京」は、明治初年から明治20年代にかけての京都をあらわす地名で、当時、江戸を「東京」呼び、京都を西の京、すなわち「西京」とも呼んだことから、当社の味噌を西の京の味噌、「(丹)西京味噌」*1と命名し京都・東京方面をはじめとして、全国的に販売、広く親しまれるようになりました。

「西京白味噌」をみなさまヘ
「白味噌」の特徴は、良質の水と米を多く使用するところにあります。米は、日本人の食文化の原点であり、もっとも大切にされてきた食物です。弊社の「西京白味噌」の製造にあたっては、特に良質の米を厳選しております。
弊社では、「西京白味噌」を製造・販売することによって、平安京千二百年の歴史をふまえるとともに、「雅」を基調とする伝統文化を継承し、京都の食文化をみなさまに提供していくことを社是としております。一方、いつの時代にも暖簾に所縁(ゆかり)を見る初代の心意気、伝承の技術(わざ)を大切にしながらも、時代の要求(もとめ)に応える味噌づくりを続けてまいります。

*1「 (丹) 西京白味噌」は、株式会社本田味噌本店の登録商標です。

     
組合員名:
株式会社 本田味噌本店
代表者:
代表取締役社長 本田茂俊
住所:
〒130-0005 東京都墨田区東駒形2-1-1(東京営業所)
電話: 03-3625-8834 FAX: 03-3625-8835
HP: http://www.honda-miso.co.jp
mail: info@honda-miso.co.jp
商品販売店舗: 直販:本田味噌本店・京都高島屋・JR京都伊勢丹(その他)全国有名百貨店
ネット販売:http://www.honda-miso.co.jp/goods/category.html

←もどる